センチ旅行記 広島・高松・名古屋編 10月22日〜23日(4日〜5日目)

写真をクリックすると、大きく表示されます。

〜10月22日・広島市外スポット・妹背の滝、その他・大和ミュージアム〜
 2008年10月22日は0系新幹線の撮影や、広島市外スポットの妹背の滝へ行き、その後呉市の大和ミュージアムへ行きました。
0系新幹線はかつて「夢の超特急」と呼ばれ、1964年(昭和39年)以来、日本の大動脈を支えた車両です。
2008年11月末をもって引退するというので、広島→新岩国間が最後の撮影&乗車となりました。

妹背の滝最寄り駅

妹背の滝へはここからまっすぐ

右に曲がったら負けかなと思ってる

妹背の滝に続く橋〜

妹背の滝の手前の滝

妹背の滝(センチスポット)

また優で記念撮影〜

夏なら涼めそうですね
センチスポットの妹背の滝へは、JR大野浦駅で下車し、それから徒歩でも20分くらいで行けないことはないですが、私はバスで移動しました。バスだとバス停・妹背の滝まで4分ほど、それから徒歩5〜6分で妹背の滝へたどり着けます。運賃は片道100円。
バス停からも一ヵ所道が別れており、しかも案内表示も無いので私は少し迷いました。
鳥居の見える写真がそうですが、その場所で右に曲がるとえらい目に遭います。
妹背の滝は鳥居をくぐった先の大頭神社の境内の奥にありますので、これから行こうと思う方はお間違えのないよう‥。
そしてここでも優人形で撮影。幸い人がいなかったので可能でした。
センチ1では優と一緒に涼みに来た場所でした。

優「妹背の滝もいい所だけど、涼むにはちょっと時期が遅いかな‥(苦笑」

妹背の滝を後にして、今度は呉市の大和ミュージアムへ向かいました。
妹背の滝も大和ミュージアムも実は2年前に行く予定でしたが、どちらも時間的、体力的に間に合わなかったので、今回初めて行くこととなりました。JR呉線は103系という古い電車が主力で、改めて広島地区のJR車両は国鉄型が多いと実感します。
さて、大和ミュージアムですが、その名の通り、戦艦大和を始め旧日本海軍に関する貴重な資料や展示品を数多く見ることができ、見応えは満点でした。お土産なども海軍関連の商品です(笑。
10分の1大和の模型も精巧に作られており、実物の零式戦闘機を見たのも初めてです。
あと野外に展示されている戦艦陸奥の主砲身やスクリューも巨大で迫力あります。
とにかく資料の量が豊富で、戦争の悲惨さと当時の日本の技術力の高さを同時に窺い知ることが出来ます。

〜10月23日・広島市外スポット・尾道、その他・福山城〜

尾道(センチスポット)

千光寺公園(センチスポット)

尾道城
 23日は広島から尾道や福山を経て、岡山まで移動しました。
まず広島から三原まで新幹線で、三原から在来線普通列車で尾道まで移動。
尾道では広島市外スポットの撮影やいわゆる古寺めぐりしつつ散策しました。
あいにく天気は小雨も降ることもありましたが、何とか予定通り見て周ることが出来ました。

尾道は坂の町。細い路地が迷路のように入り組んでおり、地図がないと初めて訪れる人には難しいかもしれません(苦笑。
それにセンチ以外にも映画のロケによく使われ、アニメ「かみちゅ」の舞台でもありました。

ロープウェイを使い山頂へ。山頂駅から間もない場所に尾道のセンチスポットの一つがありました。
悪天候とはいえ、山頂からの眺めも抜群です。
山陽地域は瀬戸内海も含めて温暖なイメージがありますが、真夏は暑いんでしょうね。

尾道といえば尾道ラーメン。駅前の食堂で尾道ラーメンを昼食に、一路福山へ。
 尾道から福山へ。福山城はJR福山駅に隣接しており、駅のホームからも眺めることができます。
 本州はいたるところに城下町があり、城めぐりもまた面白いですね。福山城も中々見事な天守閣でした。天気はまだ曇りですが‥。

 福山〜岡山間には在来線に快速「サンライナー」が運行されており、わざわざ新幹線を利用するまでもないですね(苦笑。
サンライナーなら1時間もかかりませんし。
岡山駅に立ち寄ったのも3年ぶりですが、橋上駅化されて綺麗に整備されていました。改札も自動化され、だいぶ印象も変わりました。
駅前の桃太郎像の頭の上には鳩が‥(笑。
 この岡山で1泊し、明日24日は3年ぶりの高松へ。


続く

戻る

TOPページ

inserted by FC2 system