日記過去ログ・2007年6月

2007年6月30日 (土)  鉄子の旅

最近一部で話題になっている「鉄子の旅」なるアニメの第1話を観てみました。
漫画の原作があるそうですが、読んだことは一切なく、予備知識もほぼゼロの状態で観ました。当初タイトルから女の鉄道ファンの話かと思ってましたが、違いました(爆。
鉄道に興味のない女の漫画家・菊池直恵が、全国の全駅を制覇した鉄道マニア・横見浩彦と共に鉄道旅行の取材をする内容のようですね。

第1話は千葉県のある盲腸線の全駅を制覇してました(笑。
一つ一つの駅に下車して制覇するのは鉄道好きには達成感あるでしょうけど、鉄道に興味のない人には苦行かもしれませんね(苦笑。
実際随行していた2人の鉄道マニアはテンションも高く楽しそうである反面、菊池さんは駅弁を食べる時以外はちよ父のような空虚な目で沈んでました。
まだ第1話だしこれから少しずつ鉄道に興味を持っていくのかな‥?

実際に女の鉄道マニアってどの程度いるんでしょうかね‥。
100人に1人もいるかどうか‥というくらいだろうか。
それはともかく、このアニメに登場したJRや私鉄の全路線の全駅を制覇したという横見氏のはしゃぎぶりは見ていて面白いし、ああいう各駅に下車するやり方で路線制覇するのも面白そうです。ただ暇と金と体力の3つが備わってないと難しいでしょうか‥(汗。

2007年6月29日 (金)  月影先輩〜

今日の更新で掲載したのは、1991年〜92年にかけて放送されたTVアニメ「ハイスクールミステリー学園七不思議」の月影明子。かなりマイナーなアニメなので知らない人も多そうですが、全41話のホラーアニメとして最近の萌え路線のアニメとは違い、
良くも悪くも堅実な作りでした。BGMも結構気に入ってます。

この月影明子(CV:本多知恵子)はクールで冷静沈着、凛としつつミステリアスな雰囲気を漂わせる高校3年生。主人公を始めとする後輩からは「月影先輩」と呼ばれ親しまれています(笑。
個人的にこのアニメの中では一番気に入っているキャラです。
霊感が強く、口癖は「霊の仕業よ!」だったり、物語中重要な位置を占めてました。

舞台となる学校は黄泉(こうせん)学園。
この学校名もですが、次から次へと生徒が死んだり行方不明になったり、体育館の床下の防空壕跡や旧校舎の地下から白骨死体が出てきたりとかなり気味悪い学校です。
とてものこと、例えばギャルゲーの舞台になるような環境とは程遠いでしょう(爆。
まあだからこそ見応えもあるんですが‥。

絵柄が独特で、私が描いた絵では目元を柔らかくしましたが、アニメでは皆鋭いマジンガーZのような目つきでした(笑。
「ハイスクール奇面組」や「ツヨシしっかりしなさい」等のアニメに絵が似ていたと思います。
あと「アベル伝説」のデイジィの目も似たような感じだったか‥。
これらのアニメは皆同じ制作会社で作られたのも理由のひとつのようですね。
声優陣も豪華でした。この学園七不思議はセーラームーンの放送開始よりも少し前ですが、セーラームーンの主役級を演じられた声優さんの何人か(富沢さん、三石さん等)が、このアニメの主要キャラの声を当てていたり‥。
何気に脇役にベテラン声優を起用していたこともありました。

ただ惜しいことに、2007年現在このアニメはビデオ化やDVD化がされておらず、ここ10年くらい再放送もされていません。北海道では94年に放送されたのが最後でした‥。
‥というか、今このアニメのこと憶えている人どれくらいいることやら‥(汗。

2007年6月28日 (木)  バーチャル・アイドル

1994年〜97年頃の声優・ギャルゲー雑誌「バーチャル・アイドル」。
初めの頃は隔月だったと思うのですが、96年頃に月刊化されました。
97年夏頃にいつの間にか本屋の店頭で見かけなくなったので、知らずの内に廃刊になったのでしょう。

さて、ギャルゲー雑誌となると、当然センチ1に関する記事もあります(笑。
今回載せたのは、最後に私が購入したバーチャル・アイドル97年7月号です。
表紙はマリーのアトリエ。
センチ1の記事は4ページに亘り、センチヒロイン12人のプライベートのイラストやOPのフィルムの一部分を公開。
しかしこれだけでは暗黒太極拳であることは判りませんでした(苦笑。
この年のゲームショウではムービーとして公開されていたそうです。

次の2ページでは七瀬優役の西口有香さんのインタビューや、優の関するデータ。
私もこの頃から優に興味を持つようになりました(笑。
10年前の時点では、それ以前にやってきたギャルゲーには登場しなかった、まったく新しいタイプの女の子だったのです。
ゲームの発売が徐々に待ち遠しくなりつつある、97年夏でした。

2007年6月27日 (水)  晶はとりあえず終了

今日の更新も遠藤晶のイラストを2枚。
これで晶の表情は一通り描き終えました。
次は沢渡ほのかの表情を描いていく予定。

2007年6月25日 (月)  サターンファン

隔週ゲーム雑誌「サターンファン 1998年1月30日号」
表紙はほのかとえみる。
SS版センチ1の発売が1998年1月22日なので、SS版センチ1発売直前の雑誌ということになります。
センチ1の攻略記事、主にヒロイン別イベントの紹介が数ページ続き、交通機関の解説なども‥。
あとは「セカンドウィンドウ」の記事ですね。
当初SS版センチ1は定価7500円の初回限定版として発売されました。
初回限定特典として、イラスト集やSGガールズのコメント映像などが収録された「セカンドウィンドウ」が同梱されていたわけです。
ところが結果的にSS版センチ1はこのセカンドウィンドウが同梱されたバージョンばかりが出荷され、97年春に発売されたファーストウィンドウのように品薄となることはなかったものの、今にして思えば発売日に買わなければという心理に至るよう上手く誘導された感は否めません(苦笑。
私もその口で、発売日に7300円近く出してSS版センチ1を買いました。
もし半年以内に価格が3分の1以下になることが分かっていれば、店でセンチ1の隣に置いてあったSS版YU-NOを買っていたことでしょう(爆。

話が逸れましたが、ゲーム発売直前として、センチ1のレビューも載せてありました。
10段階評価で7、8、6と悪くない評価です。
暗黒太極拳たるOPムービーには触れていないものの、それなりに好意的な評価だと思います。因みに私としては、ゲームシステムやグラフィック以上に魅力的なセンチヒロインを高く評価しているので、純粋にゲームとしての評価はせいぜい中の上くらいです。
まあ発売延期と共に前期待が大きい作品でしたので、評価も賛否分かれると思います。

この号ではセンチ以外、街、グランディア、スパロボF完結編、EVE The Lost Oneなどの記事が目立ちました。どれもサターンソフトとしては中々の売り上げを達成したゲームです。まあThe Lost Oneは肩透かしを喰らった印象もありますが(爆。

それにしても、この頃のサターン雑誌でしばしば見かけるせがた三四郎やワープの飯野賢治とかも懐かしい(笑。 彼らは今どうしているやら‥。

2007年6月24日 (日)  二ノ宮遥

日記絵や4コマを除いて、約2年ぶりくらいで描きました。
今日の更新は、センプレヒロインの一人・二ノ宮遥のイラストです。
しかしどこを見ているのか微妙な表情になってしまいました(汗。
線画の段階では気にならなかったのですが、表情って難しいですね。

‥ところでセンプレ関連って現在需要あるんでしょうか‥‥、と思うくらい話題の少なくなってしまったセンプレですが(汗)、地道にセンプレ絵も描いていきたいですね。
ヘタですが‥(爆。

2007年6月23日 (土)  MISSINGPARTS sideA

PS2ソフト「ミッシングパーツsideA」の廉価版を購入しました。
価格は2600円なり。

元々推理物アドベンチャーゲームはわりと好きな方で、加えてキャラデザインが久遠の絆と同じとあっては、これはやらないわけにはいかないでしょう(笑。
とはいえ実際プレイするのはsideBを購入した後、まあ来月でしょうね(爆。

2007年6月21日 (木)  星野明日香の誕生日

今日6月21日はセンチ1は横浜のヒロイン・星野明日香の誕生日ですね。誕生日おめでとうございます。

また明日香のイラストを描いたのですが、髪が短くセーラー服も白基調で描きやすいです(爆。
ところでゲーム・卒業シリーズと同じセーラー服のみならず、世界観もセンチシリーズと同じだと最近知りました。
とは言ってもセンチシリーズに卒業シリーズのキャラが登場するわけでもないですが‥。

2007年6月20日 (水)  多部田氏断髪式

ゲーム雑誌、「電撃ドリームキャスト vol.31」2000年3月24日号を読み返してみると、センチシリーズ新作としてのセンプレ発表、ヒロイン一新の記事、センチ2の度重なる発売日延期の記事などがありました。
センプレに関しては、多部田氏(プロデューサー)、甲斐氏(キャラデザ)、大倉らいた氏(シナリオ)、濱田智之氏(音楽)の4人が質問に答えていくという感じです。
とは言っても、この時点では主人公やヒロインが一新、鎌倉の中学、高校が舞台というくらいですね(苦笑。 あとはメールを用いた企画とか‥。
これは後に「センプレメールチャム」の名称で行われた、センプレヒロインとメールのやりとりをするというもので、結果的には中途半端な感は否めませんでした‥。
因みに私はこのセンプレメールを利用したことはないです。
センプレはこの時点ではDCでの発売を予定していましたが、この開発発表から4年半後、2004年10月28日にPS2での発売となりました。

次にセンチ2の発売延期について(苦笑。
センチ2は当初、2000年1月に発売予定だったのが延期され、この雑誌では4月27日に発売と発表されました。そこでセンチ2の開発責任者の多部田俊雄氏が、延期の反省を込め坊主頭になり謝罪と‥(爆。
実はこの多部田氏が関わったゲームソフトの大半がセンチ2以前にも発売延期が常習となっており、センチ1の時も何度も発売が延期され、センチ2の発売日が延びると発表された時も「またか」という感じでした(苦笑。
結局センチ2が発売されたのは更に3ヵ月後の7月27日でした(爆。


ヒス「総統、お喜びください。センチ2の発売日の延期が決定され、責任者・タベタが謝罪しました。‥タベタが坊主頭になったのです総統」
デスラー「‥それがどうしたというのだ?」
ヒス「は‥? ‥ハハ‥ そうでしたな。当たり前のことが起こっただけですな‥(汗」
デスラー「バカめが‥!」

ナレーション「センチよどうしたのだ! 発売を待つセンチファンの願いも空しく、またも発売延期の運命を繰り返すのか。センチよ立ち上がれ。センチファンは君の帰りを 君の帰りを待っているのだ!」


まあセンチ2に関しては、発売延期以前にセンチ1の主人公が死亡する設定自体にも不評の原因があったことは否めませんね。センチ2は、まずグラフィックの質が前作よりも格段に綺麗になりつつも、配色が原色っぽくてアニメチックな画風になりました。
これはハードの性能のことも差し引いて考えなければなりませんが‥。

私はセンチ2の全てを否定するつもりは毛頭ありませんし、センチ2主人公や竹ノ内といったキャラ達にも愛着があります。
しかし正直言ってセンチ1の主人公を死なすこと以上に、12人のセンチヒロイン達の傷心した姿を見るのは、センチ2初プレイの頃にはそれなりに堪えました。
それが原因かどうか、一通りオールクリアした後、センチ2は1〜2年以上は放置してました(苦笑。 今ではセンチ2はセンチワールドのパラレル的世界観の一つと捉えているので、別に再プレイにも抵抗はありません。
というか、センチ2のネタを使った二次創作も結構作っているくらいで‥(笑。

最後に2000年2月28日に行われたセンチ2のライブ&トークショウの模様についても、少し触れられていました。センチブーム最盛期は過ぎ去ったとはいえ、約7000人のセンチファンが集まったのは流石というか‥。
同時にテレカなどのグッズの即売会も行われたようです。
まだまだセンチブームの余韻が残る時期でもありました。

2007年6月19日 (火)  TOP絵変更

TOP絵を変更しました。
センプレの綾崎雛乃とセンチ1の杉原真奈美です。
二人とも自然や動物が大好きで静かな場所を好むなど、性格や好みがよく似ています。
ゲームでは出会わなかったこの二人も、実際に出会ったとしたら意気投合するでしょうね(笑。

絵柄を少しディフォルメ気味にしてみましたが、どうも中途半端な絵柄になってしまったような‥(汗。 背景も半ばボカして適当です(爆。

2007年6月18日 (月)  国鉄最後のダイヤ改正

昨日の本の整理のついでに見つけた、古い記念切符。
今日の更新で、「鉄道写真・1986年」のページに追加しました。

1986年11月1日、国鉄最後のダイヤ改正時に開業した、札沼線・あいの里教育大駅の開業記念切符です。この時のダイヤ改正では、北海道でもいくつかの列車が廃止されたり札幌圏だけでも9駅も開業したりと、かなり大きな改正となりました。
裏面には当時の札幌圏の路線状況が記されております。
桑園〜新川間に、まだ八軒駅が無いことを除けば、現在と大きな違いは無いでしょうか。無論、高架化や複線化などの違いはありますが‥。駅名として、札沼線・東篠路駅は、現・拓北駅、釜谷臼駅は、現・あいの里公園駅に変更されています。

2007年6月17日 (日)  『センチ』は女の子に振り回されるゲームです(爆

本の整理をしていて発掘した雑誌、「電撃セガサターンvol.1」。
1997年7月11日号とあるので、ほぼ10年前のゲーム雑誌ですね〜(笑。
10年前というと、センチブーム真っ盛りであります。雑誌の表紙もご覧の通り、夏穂、えみる、美由紀の3人。
当然ながらサターンの雑誌である本誌でも、センチについての記事がありました。
マーカスの窪田正義氏のインタビューとかセンチグッズに関する情報とか、センチファンの投稿イラストとか‥。投稿イラスト、皆さん絵が上手いですね。
ファンならではの愛を感じますよ(笑。 当時の雑誌等を読むことによって、センチブーム最盛期の様子を思い出すこともできますね。

センチ以外には、YU-NOやスパロボFやラングリッサー検▲妊競ぅ◆同級生2などの名作の特集がありました。どれもセンチ1並に繰り返しプレイしたゲームです。
1997年当時は、春にプレステでFF7が発売された余波もあってか、プレステとサターンではややプレステの方に軍配が上がっているような状況だったと思います。
そんな中、私はプレステよりもむしろサターンのゲームばかりやっていました(苦笑。
実際97年発売のPSゲームでハマッたのはラングリッサー機Ν兇らいかな‥。
まあこの雑誌が発売された頃は、センチ1も97年内に発売されそうな雰囲気がありました。実際は延期されて98年1月末に発売されましたが(爆。

センチ関連のこともあり、97年前後のサターン系雑誌は中々捨てれませんね(苦笑。

2007年6月16日 (土)  ラピュタ

昨夜3年ぶりに地上波で放送されていた「天空の城ラピュタ」。
ジブリのアニメでは1、2を争うほど気に入っております。
無論最後まで観たわけですが、いや何度観ても面白い(笑。
セル画のアニメは、最近のデジタル化されたアニメには無い、手描きならではの魅力があります。
アクションシーンやBGMの使い分けも上手い。
王道で正統派なストーリー。20年も前のアニメとは思えないボリュームですね。

ムスカや空賊のドーラなど、悪役でもどこか憎めないキャラたちです(苦笑。
特に名(迷)台詞の多いムスカ。
ラストはやはり‥

           , -'´~`y、
        _   / .,r‐''″) l
      //   l / r‐、_r-l/'
   rt-'r/   `'r.`~ i~ l
 rM゙ゞ゙'゙ツ     `l、'.ー- /     三分間待ってやる!
. ly、_'/r'゙       _,r|=ーr‐'ト、_
. i  'ノ ,. -‐''"/ lニ/ヾ゙ヾ < ` ー-、_
.r'==.|    l      `ゞニ>‐'゙       l
.|    ヽ |   o       o  i   l
..|    ' |             |   l

            ↓

       -‐''''"´ ̄``ヽ、              ____
       /     _     ヽ        //´   __,,>、
     /        ̄ ̄   {        /::/ / ̄:::::::::::::::\
      l _ィニニア二二二ニヽ、j._      /::::l/::::::::::::::::::::::::::::::::l
     | 0Lj/-‐-レノ ノ_ヽ:::`ヽ     l:::::::::::/l/lノノ/_イ:::::l
     レ:r、/ イ゚テ   ピト`|::|      l:::::::::/ rtテ、  .ィtq l::::::|
      l:lヘ  '"   ,j  '"/ノ      |::lヘ!j  ´  ,j   !;:::/
     ヽヽ、   r‐-,   /'         レリー 、    ,....,  lノ/    バルス!
        lヽ、  ̄ /         `ヽ、lヽ 、  ̄ /´
     _,r┴‐-`v´-‐j-、__   , -‐-、_r┴─'ー‐チト       
  / ̄/:.:.:.:| ̄ ̄`T ̄´|:.:.:.:l´ `ヽ /    ヽ ̄`ー-‐'´`''''⌒ヽ
/   ,':.:.:.:.:.l    l   l:.:.:.l    \  _r‐、-、-、r,    、   ',
     |:.:.:.:.:.:.!     !   !:.:.l   ,. -‐ゝ/// 〉 〉 〉 〉 〉    !   ',
    l:.:.:.:.:.:.l     |   l:.:.:l  /  人〈〈〈〈 ' ' ' /っ   l    l

            ↓

;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`i"'i_;、:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:i.:.:.i`'i、:.:.:,ノ';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;``'‐-、.,_
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|i'´,/:.;ノ~フ.:.:..:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/`'-ミi, 'i,'´;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;`'‐、
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ -,l´ /ィ'"´⌒).:.:(⌒l/ミゞ  ヾ 〕;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;\
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i / .イi'´ ,,r‐'´:.:/´フ匕 `ヽ  } /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i !  ' 彡ィ'⌒''レィ'`'-、_`i  i  ,i. };;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i    ',/  f´ ``'r、 `'゙     l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i       | '-、/ 〕      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;、-‐、ィ'       lこニニニl       i、;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ  ヽ.      ノ  -   l        ,`ィ‐-;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l   ,-‐'‐-------‐'ゝ、    ,r'  /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;l   l_,,ィ'´ゞ`'‐,r''´⌒`'-、‐''´'‐、 ,r'   /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
               目がぁーーーー!

‥で締め括り(爆。

2007年6月16日 (土)  シンディ真鍋

今日の更新は、極上生徒会の運転手・シンディ真鍋のイラストです。
髪が短いので描きやすいかと思いきや、そうでもなかったです(爆。
母親の影響か、怪しい日本語を話しますが、普通に喋ることもできましたね‥(苦笑。
この娘もお気に入りの一人です。

2007年6月15日 (金)  デイズ オブ メモリーズ

「デイズ オブ メモリーズ 大江戸恋愛絵巻」、ニンテンドーDSのゲームで、昨日発売されました。歴代サムスピに登場する女の子がヒロインの恋愛シミュレーションゲームです。
ありそうでなかった内容ですね。

私としては、ナコルルといろはの2人を攻略したいところですが‥(笑。
残念なことにDS本体を持ってないので今後当分はプレイできそうもないですが、DS本体を購入することがあれば、このゲームも同時に買うかもしれませんね(笑。
PS2で発売して欲しかった‥。

2007年6月14日 (木)  銀河久遠

今日の更新は極上生徒会・副会長の銀河久遠です。今回初めて描いてみました。
奏会長とは一味違うタイプのお嬢様です。
ゲームではツンデレさが強調されていました(笑。
デレの部分は十二分に可愛いんですけどね‥(苦笑。

2007年6月12日 (火)  奏会長〜♪

はい、2日前に引き続いて極上生徒会のイラスト、今日の更新は神宮司奏さんです。
基本的におっとりタイプのお嬢様ですが、実は少しだけ根に持つ性格です(苦笑。
しかし数多い美点の前では、欠点というほどには至りません。

久々に描いた奏さんですが、髪型が少し難しく思いました。
もっとスムーズに描けるように精進あるのみ‥。

2007年6月11日 (月)  半袖

もう家では半袖ですよ(苦笑。
ここ数日、6月にしては暑い日が続いています。
部屋の室温も30度前後まで上がってるし‥(汗。

どうも今年の夏は暑い日が続くそうです。
ラニーニャ現象と呼ばれる事態が太平洋赤道域で発生しているとか‥。
これも地球温暖化の関連でしょうかね‥。

2007年6月10日 (日)  誕生日

今日は私の誕生日で、とうとう20代最後の29歳になりました。
20代も振り返ってみれば長いようで短かったように思えます。
あと1年残っているけど‥(苦笑。

初めてセンチを知ったのは、まだ18歳の頃だったか‥。
一番気力、体力が充実していた頃だったかも、18〜20歳頃‥‥。

29歳というと誰とタメでしょうかね、二次元限定で(笑。
葛城ミサト、逆シャアのアムロ、セルゲーム時の悟空‥。

2007年6月10日 (日)  桂聖奈

今日の更新で久々の極上生徒会のイラスト、桂聖奈を掲載です。
癒し系な雰囲気と、私と同じ誕生日(6月10日)でお気に入りとなりました(笑。
その上、とても頭が切れるらしいです。
ちょうど今日がその6月10日なので、あわせて描いたわけです。

二次元キャラで私と同じ誕生日は、知る限りにおいてはこの桂聖奈さんくらいかな‥。
そういう意味でも親しみが湧いてきます(苦笑。

2007年6月9日 (土)  懐かしい‥

2chのゲーム音楽板で見つけたのですが、昔のゲームの音楽を職人さんがアレンジして制作したそうです。その中で特に思い出深いのが、FF4のバトル2、FF5のバトル1、FF6の予兆、ファイアーエムブレムのメインテーマ‥。
他にも多数ありましたが、この4曲は何度聴いても心に響く(笑。
こんな綺麗にアレンジできる職人さんも只者ではないですね。

以前、銀河英雄伝説のスパロボ風ムービーを観た時も感銘しました。
FFシリーズは7以降ろくにプレイしてませんが、1〜6、特に3〜6は何度もやり込みました。92〜94年頃がピークかな‥。あの頃はレベル上げもさほど苦痛でもなかったし、スーファミ全盛期の勢いに乗って様々なゲームに手を出したものです。

FF4のバトル2
http://www.yonosuke.net/u/6e/6e-11042.mp3

この曲はFF4の中ボスでかかります。
FF4の曲の中では上位3位以内にはいるほど気に入ってます。

FF5のバトル1
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-7133.mp3

FF5のザコ戦の曲です。
主に懐かしさで挙げてみました(笑。

FF6の予兆
http://www.yonosuke.net/u/6c/6c-4459.mp3

正確には「予兆」の後半部分。FF6のオープニングで魔導アーマーが歩いていくシーンで流れたかと。FF6も名曲が多かったかな‥。

ファイアーエムブレムのメインテーマ
http://www.yonosuke.net/u/6b/6b-1459.mp3

この曲も名曲ですね。このシリーズも難易度は高いのですが、その分クリア時の達成感も大きいのですよ。
もっとも、最近はレベル上げが面倒で改造コードを使ったりしますが‥(苦笑。

これらの曲を聴いていると、何だか久々にFFシリーズ(4〜6)やファイアーエムブレムをプレイしたくなってきました(笑。

2007年6月8日 (金)  遠藤晶2枚

今日の更新で、遠藤晶の笑顔、怒りの表情イラスト1枚ずつを掲載しました。

それにしても、お嬢様キャラって金髪が多いですね。
センチには縦巻きロールやドリルのような髪型の女の子はいませんが、晶だったら案外似合うのかな‥?(笑

2007年6月7日 (木)  蒸し暑い

どうも蒸し暑いと思ったら、湿度が70%を超えてます(汗。
これは半袖の季節も近いかな‥。

2007年6月6日 (水)  急行みよし

JR西日本の広島〜三次間をキハ58系で走る唯一の急行列車「みよし」が、今月一杯で廃止されるそうです。
実は今年秋に何とかまた広島へ行って、今度こそ乗ろうかと思っていたのですが、実に残念ですね。
昨年秋に広島駅で急行みよしの写真撮影はしたのですが、乗車はしなかったので‥(汗。
無理して乗っておけばよかったかな‥?

因みにこの急行みよしは来月から快速「みよしライナー」となるようです。
その際使用車両がどうなるかは不明です‥。
引き続きキハ58系が使われるなら、今年秋でも乗車できると思いますが‥。

昨年10月28日に広島駅で撮影した急行みよしの写真です。

2007年6月5日 (火)  永瀬藍子

今日の更新では、センプレメインヒロインの一人・永瀬藍子を掲載。
足のラインもですが、手も相変わらず難しいですね。
もっとスムーズに描けるようになりたいものです。
センチ1のヒロインだと、千恵+夏穂な感じの女の子です。

2007年6月4日 (月)  筆が進まん

かなり前に書いて放置したままのセンチ二次小説の続きを書こうといざ筆を執ったものの‥、一向に筆が進みませんね‥(爆。
長いことイラストばかり描いていたことで、長文を書く感覚が鈍ったのか、単にアイデアが浮かんでこないのか‥。おそらく両方でしょうか。
気分転換でもして、もう少し検討してみます。

2007年6月2日 (土)  また2枚です

今日の更新は妙子のイラストをまた2枚。戸惑いと怒りの表情。
これで妙子の表情は一通り描き終えました。

次は遠藤晶を予定しています。

2007年6月1日 (金)  ヤン提督

最近また銀河英雄伝説にハマりだしたのですが、6月1日は銀英伝の主人公の一人、ヤン・ウェンリーの命日なんですね。
小説で読んだ時もですが、初めてその場面をアニメで観た時は衝撃的でした。
アニメ版を観たのはもう11年以上前になりますが、ヤン役の富山敬さんが亡くなられたのも、アニメでヤンが死んでから間もなくという‥。

ヤンはその独特の歴史観や年齢に比して世間に対して達観したところなど、初めて銀英伝に接した中学生当時の私からすれば、実に新鮮な人物像でした。
1993年は初頭にTV放送されていた「無責任艦長タイラー」でSFアニメ熱に火がつき、その年は銀英伝やVガンダムなどにもハマるきっかけになっていきました。
まあ銀英伝はSFというよりも、実際の歴史上の出来事や人物などを多く題材にして、艦隊戦も中世〜近世頃の兵1人=戦艦1隻という感じで展開する架空の歴史ドラマ的な要素が強いと思いますが。

因みにヤンは現在の私の年齢の時にはすでに少将だったんですね。
で、29歳の時に少将から大将まで昇進と‥。
好敵手のラインハルトは20歳で元帥だったけど、まああれは専制国家ゆえの人事。
どちらにしろとんでもない昇進速度でした。それでも自然体を崩さない、一見温和ながら必要に応じて毒舌も披露するところもまたヤンの魅力の一つでしょうね(笑。

戻る

TOPページ

inserted by FC2 system